茨城県土浦市|歯周病治療|予防治療|インプラント

029-825-1430

インプラント治療とは

インプラント治療

インプラント治療とは、骨の中に人工歯根を入れて、そこに差し歯や、入れ歯の安定に使う治療方法です。一口にインプラントと言っても、大まかな呼び方で、自動車でも「トヨタ」「本田」がある様に、さまざまな製品が存在します。

大きく分けると、HAインプラントとチタンインプラントになります。(テレビでもプラズマや液晶がありますね)
共に体に優しいチタン合金で出来ていますが、HAインプラントはその表面にHA(ハイドロキシアパタイトと言う骨や歯の成分)をコーティングしています、それにより、早期の骨との結合が可能です。

※資料提供:㈱日本メディカルマテリアル(JMM)

従来の治療との比較:1 ~歯が1本抜けた場合~

《ブリッジ治療》ブリッジの支台とするために、両隣りの 歯を削らなければなりません。
《インプラント治療》歯の抜けたところに インプラントを埋め込み、人工の歯を被せるので両隣りの歯を削ることがありません。

従来の治療との比較:2 ~奥歯が数本抜けた場合~

《部分入れ歯》入れ歯を固定する金具などに異物感を感じたり、支えている歯に負担がかかることがあります。
《インプラント治療》入れ歯を固定する金具がないので異物感がなく、また他の歯に負担をかけません。
(画像をクリックで拡大します)

従来の治療との比較:3 ~歯が全部抜けた場合~

《総入れ歯》入れ歯が口の中で動いてしまい、「噛みづらい」や「 話しづらい」などの不便さを感じることがあ ります。
《インプラント治療》インプラントにより、入れ歯をしっかりと固定できるので、入れ歯を気にせず食事や会話を楽しむことができます。

HAインプラントが優れている点

「治癒期間が短い」「骨と強化に付き易い」等ありますが、チタンインプラントでは時間が掛かったり、何度も手術しなければならなかった事が、(例外はありますが)もっと楽に出来る事が挙げられます。
難しくなってしまう事がもっと楽に出来たら…、手術の回数が減らせれば…、患者様のストレスを少なくする事が出来る可能性が高いのです。
(結果が同じなら、痛みが少なく、期間が短い方が良いですよね。)

当院で使用しているHAインプラント

・国産JMM(日本メディカルマテリアル)社の「POI EX」
・アメリカ製ジンマーデンタル カルシテック社の「スプライン」
を状況に応じて選択しております。それぞれ、信頼、実績のある製品です。
医療行為である以上、軽視して良い処置などありません、患者様はそれぞれ状況が異なります、人間は完璧ではありません、治療を成功させる為に日々研鑽を積み、実践し、可能な限り皆様のお役に立てる様に努力しております。

なぜインプラント治療に力を入れているか?

なぜインプラント治療に力を入れているか?

私は今まで歯周病の治療を主体に、通常の入れ歯、虫歯治療も行い、更には重度の虫歯等で、削るだけでは改善が難しくなってしまった場合など、患者様のご理解、ご希望があれば、お時間、費用を頂き、矯正や歯茎の手術等のテクニックを駆使し、何としてでも歯を残す事に全力を費やしてきました。

その上で、歯科では非常に重要なメンテナンスを患者様と共に行って参りました。
やはり、歯磨きを中心としたお手入れは重要です。

しかし、どんな「物」にも必ず限界、「終わり」があるのです。
使用して行けば、疲労もあれば壊れたりするのです。

個人差はありますが、歯も同じで、「お口の中」と言う過酷な環境で長年使用していれば、やはり再発、疲労もあれば、質の変化もあるのです。いくら治療を行って悪い部分を改善しても、その分本来の良い部分もなくなり、残念ながら限界を迎える事になるのです。
そうなった時、どうやっても新しい「歯」を生やす事は出来ません。

通常、歯を失うと、前後の歯を削ってかぶせ物をつなげる「ブリッジ」と呼ばれる方法や、「入れ歯」治療が行われます。私もこう言った処置をたくさん行ってきました。(私は「インプラント」に関して以前は否定的でした。)

ところが、こう言った処置をしっかり行っても、時間が経過して行くと、やはり前述の様にトラブルが起こり、益々歯を失う事になりかねません。

★【これが従来の治療方法の限界なのです!】

それでは、今までの治療の何が問題なのか…?

それは無くなった歯の機能や負担を『残っている歯に負担させている』からです。
ブリッジ、入れ歯を掛けられた歯は、その歯自体も噛む負担をしている上に、無くなった歯の負担までさせられてしまうのです。

●住宅の柱はそれぞれ役割がありますね?1本ずつ無くなっていったらどうでしょう?
●28人で担ぐおみこしを14人で担いだらどうでしょう?
ほんの少しの時間ならどうにかなるかも知れませんが、時間が経ったらどうでしょう?そこに地震があったらどうでしょう?
お口の中も同じ事が言えるのです。
虫歯がお家を食いつぶすシロアリ、歯周病を地盤沈下、地震を歯ぎしりに置き換えて想像してみて下さい。

そこで『インプラント』ですが、それ自体は自分の体のものではないし、万能な物でも、魔法でもありません。しかし、上手く使う事で、入れ歯やブリッジが、残っている歯に負担を強要していたのに対し、インプラントはそれ自体で力の負担が出来る事が、今までの治療と大きく異なる点です。
これによって、残っている歯の負担を減らす事が出来る上、無用に歯を削る必要性も減らす事が出来るのです。
また、入れ歯が「どうしても合わない」、「緩い」と言った問題も、インプラントを入れ、そこに入れ歯を支える装置を付ける事で、もっと安定させる事も出来ます。

その為、日々研鑽を積んでおります。

残念ながら、お口の中の価値観、意識はかなり個人差が有り、こう言った話に無関心な方も多いのも事実です。
関心のある方にも費用、手術と言う関門がありますが、健康はお口からです、もっとおいしく食べる事が出来て、健康な生活が送れるとしたら、如何でしょう?
出来る範囲の事であれば様々に対応させて頂きます。